ヴィッツ査定

下取り価格とこんなに違うなんてビックリ!


  試してみて初めて、この差が分かります。

   >>>無料で、愛車の → スピード査定

改造車のヴィッツの査定で注意しておきたいこととは

 

改造車のヴィッツの査定

 

車を購入するとカスタムする人もいます。

 

 

 

特に男性だと、ノーマルのままだと恥ずかしいと
改造するケースが多いでしょう。

 

 

しかし、改造車を買取査定に出すと、
その額に満足できないことは珍しくありません。

 

 

 

そこで改造車のヴィッツを査定に出す時の
注意点を考えていきます。

 

 

 

改造車は敬遠されがち

 

ヴィッツの改造をすると
一口にいっても様々です。

 

 

 

内装のエクステリアを
少しアレンジする程度の人もいれば、

 

 

 

走行性を考えて、外装から本格的に
カスタムする人もいます。

 

 

 

この改造にかかる費用は、
数千円単位のものから数十万円、
時には数百万円となる場合もあるでしょう。

 

 

そうした費用のすべてが査定で
高額につながるとは言えないのです。

 

 

 

なぜなら、改造をするのは
自己満足の世界でしかないので、

 

 

 

一般的に受け入れられなければ
査定の対象にならないからだと考えてください。

 

 

 

そのため、改造車は中古車市場では
敬遠されがちな存在だと言えます。

 

 

社外品での改造は純正に戻す

 

そこで改造したヴィッツを
買取査定に出す時の注意点になるのが、
純正に戻すというものです。

 

 

 

純正に戻すことで、万人に受ける状態になりますので、
査定でマイナスの影響を受けにくくなります。

 

 

 

そのため、社外品で改造をする場合は、
純正に戻すことを考えて、

 

 

 

パーツはしっかりと
保管
しておきましょう。

 

 


ネジを外してしまうなどのケースでは
修理歴があるのかと疑われるかもしれませんので、

 

 

 

改造をしていて純正に戻したと
素直に買取業者に告げるのも大切です。

 

 

 

社外品のパーツに関しては、
別口で売却した方が高くなります。

 

 

 

ちなみに社外品ではなく、
純正のパーツを使って改造をしている場合は、
プラスに働くことが多いです。

 

 

 

ヴィッツのような車では、
純正品のオプションパーツは豊富にありますので、
購入時につけておくと良いでしょう。

 

 

 

仮に、社外品のパーツをつけていて、
純正品のパーツを捨ててしまったという場合は、

 

 

 

複数の業者に見積依頼をして
競合をかけると良いです。

 

 

 

特に、走行性を考えた改造を施したい人は、
コンプリートモデルを購入しておけば
間違いありません。

 

 

 

ヴィッツの場合ですと、
スポーツモデルのRSタイプをベースにしている
コンプリートモデルが販売されています。

 

 

 

多目的なコンパクトカーであるヴィッツが
本格的なスポーツカー仕様になっていますので、
カスタムがしたい人も納得のできでしょう。

 

 

 

ちなみに、コンプリートモデルは
中古車市場としてのニーズは低いのですが、

 

 

 

コアなファンがついているので、
査定では高値が期待できます。

 

 

 

ヴィッツの改造車は、
基本的に査定では良い影響がありません。

 

 

 

そこで、改造をする時には
純正品のパーツをとっておき、

 

 

 

査定時には純正品に戻すことを
覚えておきましょう。

 

 

 

また社外品ではなく、
純正品のパーツを利用する場合は、
査定でもプラスになることが多いです。

 

 

 

 

 

 

>>>サンルーフ付きヴィッツの買取査定はプラスに働くの?