ヴィッツ査定

下取り価格とこんなに違うなんてビックリ!


  試してみて初めて、この差が分かります。

   >>>無料で、愛車の → スピード査定

サンルーフ付きヴィッツの買取査定はプラスに働くの?

 

サンルーフ付きヴィッツの査定

 

ヴィッツの買取査定を考えた時に
付けておきたいのが、サンルーフです。

 

 

 

これはヴィッツ以外でも
良く言われることですので、
ご存知の人も多いでしょう。

 

 

 

ここでは、何故サンルーフを付ければ
買取査定がプラスになるのかに
スポットをあててみます。

 

 

 

サンルーフを付けると査定ではプラス

 

サンルーフを付けることで、
買取査定ではプラスに働きます。

 

 

 

これはサンルーフに
人気があるからです。

 

 


中古車市場は、良くも悪くも
人気によって相場が左右されます。

 

 

 

リセールバリューを考えるのなら、
購入時にサンルーフを付けておくと
お得になるのです。

 

 

 

昨今では、中古車も海外に
輸出されるような時代になりました。

 

 

 

つまり海外でも需要がある
オプションをつけておくと、

 

 

 

より買取査定でプラスになる
可能性が高くなるのです。

 

 

 

ちなみに海外では
サンルーフが人気になっています。

 

 

開放感がある、換気ができる、
日光を取り入れることができるなどが
人気の理由です。

 

 

 

ヴィッツ以外にも高級なミニバンなどでは、
必須の装備であると言って良いでしょう。

 

 

 

具体的に、どの程度のプラス査定になるのかを
考えてみます。

 

 

 

基本的にサンルーフを付けることで、
査定では10万円程度はプラスされる
見ておいて良いでしょう。

 

 

 

一方でサンルーフをオプションとして
選択する場合にも、
同程度の費用が必要となってきます。

 

 

 

つまり差し引きで考えると、
プラスマイナスゼロになる可能性が高いのです。

 

 

 

車種などによっては
さらに高値がつくこともあるのですが、

 

 

 

おおよそオプションにかかる価格と
プラス査定の額は相殺されるでしょう。

 

 

 

利用している期間はサンルーフの
恩恵を受けられますので、
損をすることはありません。

 

 

 

売却するタイミング

 

サンルーフ付きのヴィッツを
売却するタイミングを考えておきます。

 

 

 

1つ注意したいのは、10年以上も継続して
同じ車に乗るタイプの人は、
サンルーフをつける意味がなくなる点です。

 

 

 

中古車の査定価格は、
年式が10年程度になると、
車両の基本価格がほぼ0円に近くなってきます。

 

 

 

そのためサンルーフを付けていたとしても、
それだけでプラス査定にはなりにくいのです。

 

 

3年から5年、遅くとも7年程度で
売却することを考えている人でないと、

 

 

 

リセールバリューとしての
意味がなくなります。

 

 

 

この点だけはしっかりと
注意しておきましょう。

 

 

 

いくらヴィッツが人気の車種であるとしても、
年式が古ければ価値も下がります。

 

 

 

サンルーフをつけるかどうかは、
どのタイミングで乗り換えるのかで
決めるのをお勧めします。

 

 

ヴィッツのオプションでサンルーフをつけるのは、
査定でプラスになります。

 

 

 

ただ,どんな場合でもプラスになるのではなく、
乗り換えのタイミングなどでも左右されますので
注意しておきましょう。

 

 

 

>>>故障しているヴィッツでも査定で値段を付けてもらえるの?